Firmware Update for OLYMPUS DIGITAL CAMERA

[ E-M1X ]

[ ファームウェアアップデート時のご注意 ]

  • アップデートを行う前に、電池を満充電してください。
    電池が消耗していると、エラーが発生したりアップデートが開始されない場合があります。
  • ファームウェアのサイズが大きいため、ネットワーク回線の速度に依存してダウンロードに必要な時間が長くなります。
  • カメラの背面モニターに書き込み中のアイコンが表示されてから OK が表示されるまで、約 5分かかります。
    OKが表示されるまではケーブルを抜かないでください。
Ver.2.0 (2020/12/03)
  • インテリジェント被写体認識AFに「鳥認識」を追加しました。
  • ATOMOS社製レコーダーへの動画RAWデータ出力に対応しました。
    記録フォーマットはApple社のProRes RAWです。
  • 深度合成撮影が可能なレンズに"M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO"を追加しました。
  • マニュアルフォーカス(MF)時に、インジケーター表示を追加しました。
  • 動画撮影中のパンニングにおいて、手ぶれ補正の安定性を向上しました。
Ver.1.3
(2020/08/04)
  • 深度合成撮影が可能なレンズに「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」を追加しました。
  • 「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」を使用時の手ぶれ補正動作の性能を向上しました。
    • * レンズによる手ぶれ補正機能と共に、ボディの手ぶれ補正機能により回転ぶれ補正効果も得られます。
    • * 「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」は5軸シンクロ手ぶれ補正には対応していません。
Ver.1.2
(2020/02/12)
  • 深度合成撮影が可能なレンズに「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO」を追加しました。
  • EVF自動切換え設定時に、モニターを開いている時の、ファインダー表示切替動作選択が可能になりました。
    • Off: アイセンサーを無効にします。 ボタンを押して、EVF表示とモニター表示を切換えます。
    • On1: 背面モニターの開閉状態に関わらず、アイセンサーが作動します。 ボタンを押して背面モニターのライブビュー表示/スーパーコンパネ表示を切り換えます。
    • On2: 背面モニターが開いているとアイセンサーが作動しません。 ボタンを押して、背面モニターのライブビュー表示/スーパーコンパネ表示を切り換えます。
    • 詳細はこちらをご参照ください。
Ver.1.1
(2019/06/19)
  • カメラの画像処理エンジンを使い、Olympus Workspaceで高速にRAW現像処理する機能に対応しました